ドラゴンクエスト 30周年記念

スクウェア・エニックスは1月13日にドラゴンクエスト30周年記念に関連したスケジュールやイベントを発表した。この中でDQビルダーズやDQMJ3についての説明もあった。DQビルダーズに関しては既に体験版も製品版もリリース済み。体験版は少しやってみたんだけど、カメラの使い方がいまいちわからなくて、今度やろうと思いつつそのまま。DQMJ3も対戦などの情報が出始めていて、3月上旬には体験版が出る筈だ。

そんな中、最近気になっていたのはドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーだ。これが何なのか、公式の言葉を借りれば、

〈公式サイト〉ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーより引用

「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」は日本で初めて制作される
アリーナショーにして、まるでゲームの世界に飛び込んだような空間で
展開される観客参加型ライブエンターテインメントです。

との事。引用はさせてもらったものの、この文言に魅かれたという訳ではなく、実は井の頭線渋谷駅の改札口からJR改札口にかけての液晶全てでこのイベントの広告を見させられたためだ。ただでさえ、DQのファンファーレに対する反応が遺伝子に強く刻み込まれている自分。毎朝のようにファンファーレ付きの広告を見させられると、居ても立ってもいられなくなる。

後の祭りは絶対嫌なので、今のうちにしっかり考えておきたい。チケット購入の是非を判断するために情報収集。このイベントについていろいろ調べてわかったことは以下。

  1. すごそうなクリエイターが担当している
  2. キャスティングは一部決定しているが、まだ未定
  3. アリーナでやるような大きなイベント
  4. 子供を意識した(?)メダル付きのチケットあり

という訳で、おそらく親子揃って楽しめるイベントであると期待したくなる。メダル付きのチケットは大人用のものもあるので、必ずしも子供のためだけでもないかもしれない。が、ムービー見ても子供は多いし、きっと子供への配慮をしてくれると信じたい。

うちの子はおそらく小学生の中でも指折りのDQ好き。モンスター図鑑でこいつのHP幾つだぜ、とか暗記しているレベル。普通はポケモンやら妖怪ウォッチやらをやる中で珍しい存在だ。まちがいなく、このイベントを見たがるはずなので、家族分のチケットを購入して夏に備えたい。大人はともかく子供のチケットはメダル付きにしてあげたかったので、メダル付きチケットを扱っているところを探す。今までほとんどチケットなんて買った事ないので、勝手はわからないが、それなりに聞いた事があるローチケかぴあに絞る。

dragonquestlive

こちらの画像はdragonquest.jpより引用しています。

クレカのポイントバックの大きいローチケで探してみたが、同じ事を考えている人が多いのか、既に完売っぽい。次にぴあを見てみると、まだまだどこでも買えそう。早速アカウントを作って購入フローに進む。最も公演の早いさいたまアリーナを選択。確認画面でクレカのセキュリティコードを入れるフローに慣れず、何度かやり直す。ついついその先にまだ確認画面があるかのように思えて、確認を怠ってしまうためだ。3回目にはやっと慣れて、きちんと確認をした上で購入に至る。

決して安くない買い物だったが、30年もDQと共に育ってきた自分にはそうするのが、ごく当然としか考えられなかった。少年時代の刷り込みというのは実に恐ろしい。金額分のエンターテイメントかどうかは所詮未知数だが、きっと息子たちは狂喜するに違いない。イベントが子供向けの配慮を充分になされたものであることを願いつつ、夏の公園を待ちたい。何はともあれ、井の頭線渋谷駅のファンファーレを聞いても、もう自分は大丈夫!と思えるようになったのがよかったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)