初詣@湯島天満宮 2019

母親がクリスチャンだったからか、子供の頃はあまり初詣に言った記憶がない。大人になってからは周りにあわせて初詣に行くようになった。普段は地元の神社に行くんだけど、ぼちぼち長男の受験が本格化してきたので、合格祈願も兼ねて湯島天満宮へ。前日のスキー疲れを考慮して2日に行くつもりだったんだけど、思った以上に元気が回復していたので、急遽元旦に変更。朝一とは言えない時間だったので混み具合が心配。年末の高速は何度か乗ったけど、年始の高速は初めて。どれくらい混むのやら。

首都高はまあまあ車多かったんだけど、年末同様トラックがいないので、意外とサクサク進める。ナビの急な車線変更を予測しつつ、何とか上野へ到着。こちらはまだ車が少なく慣れない道路だったものの、落ち着いて湯島天満宮方面へ向かう。上野公園の駐車場を探すつもりだったが、結局入り口がよくわからず、裏通りをフラフラしているときに、ちょうど目に入ったコインパーキングに停車。そこから徒歩で現地に向かうが、途中のコインパーキングはすべて満車。さくっと駐車できたのは運がよかったのかな。

まだお昼前だったんだけど、混む前に食事は済ませておこうと、近くのそば屋さんで昼食。昨晩も高速で年越しそば食べたような気がするけど。お腹も膨れたところで、いよいよ湯島天満宮へ向かうが、参拝者のとてつもない大行列を目の当たりにする。それなりの距離の道路を何回か曲がっても最後尾に辿り着けない。これは並んでも今日中には参拝できないのではないか。最後尾に向かう他のグループも別の日に出直そうか、とか言ってる。大通りまで出てきたところで、やっと最後尾を発見。

やっと並んでから、次男がトイレを済ませていないことが発覚。待ち時間も尋常ではなさそうなので、急いで近くのトイレを探す。コンビニは参拝客のトイレ利用お断りと明記されているので、地下鉄の駅まで行って済ます。戻ってくると、結構先に進んだのか他の3人が見つからない。歩道側から探すことはわかってるだろうから、そっちよりに並んでくれてるとは思うんだけど。しばらく進むと、長男が走ってきて合流。嫁のいるところまで案内してくれた。こういう事が出来るようになるとは成長したなあ。

そこから延々たる待ち時間。意外とちょくちょく進むので、子供たちもゲームに夢中になっている訳にはいかない。私のスマホも電池が少なく、あまりダラダラと見てはいられない。せっかく元旦に家族5人で一緒にいるのだから、いろいろ話したり、しりとりしたりで時間を潰す。予想よりは全然早い進み具合で、湯島天満宮が見えてきた。この大行列でも並んでた人たちは、数時間くらい待てば参拝できることを知っていたのかな。門をくぐってからも多少待たされたけど、建物の写真や記念撮影を済ませておく。

神社の前は広い範囲で参拝が出来るんだけど、中央寄りでお参りしたい人がいて、端よりの方が空いている。その空きスペースに後ろから無理やり入ってこようとする大人もいるので注意。長いこと待たされたから早く済ませたいのかな。うちは小さい子もいる家族連れだったので、ちょっと迷惑だったのかもしれない。何となく5人同時にお参りしたかったしね。せっかくだからのんびりお参りしたいんだけど、まだまだ並んでる人も多いので早々に移動。この辺りはかなり混沌としているので、はぐれないように気を付けて。

神社の前を抜けると、そこかしこに絵馬が掛けられてる。ほぼ合格祈願だね。学校指定して書いている人もいれば、『第一志望に合格したい』みたいな人も。長男がそれらを見ながら絵馬を書き始める。誤字があったらしいけど、こういうのは気持ちの方が大事。きっとミスを咎めたりはしないはず、と慰め。その後、お守りも買って神社を後にする。外の出店でちょっと買い食いしてから撤収。あまりの大行列に驚かされたけど、こういう元旦の方が楽しいね。しばらくは合格祈願で毎年お世話になるのかなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)