evernote 実質有料化! onenote から Simplenote へ

evernote有料化後は移行の簡単なonenoteを使い続けていたが、これも気になる不具合が多く、いま思えば騙し騙し使っていた。それでも使い続けられるくらい品質ではあったが、自分の利用環境においては致命的な問題が起きてしまった。会社のWindows環境で、私用のMicrosoftアカウントを使うことが出来なかったのだ。作業の多くはMacで済ませてはいるものの、状況によってはWindowsを使うときもあるし、そもそもWinだろうがMacだろうが、作業パフォーマンスに差が出ないような環境を作っておきたい。再びクラウドノート難民に戻ることに決めた。

自分の要件としては、なるべく単純なテキストを膨大に書き留められればよい。URLくらいはリンク化して欲しいが、それ以外の変換は迷惑でしかない。この要件を前提として、onenoteの嫌だったところをまとめておく。

  • 何かの拍子にフォントが変わってしまう。サイズも変わることがある。
  • evernoteから移行した際にタブかスペースがおかしな変換をされてしまって、コマンドをコピペしてもエラーになることが。
  • テキストのみペーストのショートカットキーが存在せず、メニューバーで選ぶしかない。

とにかくフォントバグがイマイチだったなあ。バージョンアップであれ直ったかも?と期待しつつ、しばらくしてガッカリさせられることの繰り返し。思い返してみれば、いやいや使っていたのかもしれない。もっと使いやすいものがあるかもという期待を膨らませつつ、改めて他のツールを探してみる。オープンソースのクラウドノートもあったなあとか思い返しながらぐぐってみると、真っ先に見つかったのがSimplenoteだった。これが調べれば調べるほど自分の使い方にあっているように思えた。どこが気に入ったのかをまとめてみると、

  • テキストのみで余計な装飾はしない
  • にもかかわらずURLはリンクとして扱え、URLを書き換えるとリンク先も変わる
  • 文字列検索が直感的、アンド検索も期待通り
  • 1行目をタイトルとして、そのままメモを書き続けられる
  • Win/Mac/Android/iPhoneの主要デバイスでアプリがある

あらゆる点でメモを取るということについて最適化されているように思う。本当こういうものを探していた。ぶっちゃけevernoteより自分の要件に合致している。この出会いに感謝して、Win版やMac版を触ってみる。どちらも問題なく利用できたので、本格的な移行を検討する。既に1000枚を超えるメモを取ってきた自分にとって、移行が一番の問題。onenoteを選んだ理由だって、移行を保証されていたから点が小さくない。特に今はevernoteのデータに加えて、直近数ヶ月分はonenoteのみのデータとなってしまっている。どうしたものか。

ぐぐってみるとevernoteにせよ、onenoteにせよ、APIがあるので、それを使って機械的なデータ抽出は可能そう。Simplenote側も同様にAPIが用意されているので、抽出したノートデータを一括で登録することができる。また、evernoteに関してはローカルデータがsqliteを使っているようなので、そこから取り出すことも可能そう。Win系の言語に不慣れな自分は、evernoteから過去データを取り出して、onenoteとの差分は手動で埋める方向かな。自分の作業パフォーマンス改善に大きく寄与してくれそうなツールへの移行を急ぎたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)