スノボ@たんばらスキーパーク

今シーズン3回目のスノボはまたもや関越道の沼田ICにあるたんばらスキーパーク。実は東北道へ向かうつもりが道を間違えて、このスキー場になってしまった。まあ、関越は慣れたものなので、それほど問題ではないんだけど。いつも通り4時過ぎに集合し、5時頃に三芳PAで朝食、現地には7時に到着した。出発時点では生憎の雨だったが、現地では雪に変わっていた。天候のせいか時間のせいかわからないが、駐車場は空いていて施設正面のポジション。ちょっと疲れが貯まっていたので、30分ほど仮眠を取ってから支度を始めた。

相変わらず道具を揃えていないので、ボードは友人に借りてブーツをレンタルしにいく。残念ながらレンタルが8時スタートだったのか、それまでは借りれなかった。スキーのレンタルは殆どいなかったが、スノボのレンタルは数十人の行列となっていた。借りるのも面倒になってきたし、そろそろ道具揃えようかな。道具買ってしまうともうスキーと決別する感じがして抵抗があったんだけど。ちょっと8時をオーバーしてしまったが、ほぼ予定通りにゲレンデ入りして、滑り始める事が出来た。

麓のリフトはやたらのんびりしているので、高速リフトで更に上へと進む。高速リフトで上がった先は大きく左右に分かれていて、その派生も含めると5コースがあった。まずは林道ぽいところから滑ってみたが、雪質が固いせいか借りたボードのせいか、どうもバランスを崩してしまう。スピードを結構出しているので、逆エッジになってしまうと派手に吹き飛ぶ。次にメインコースを滑るが、やはり足を取られて何度か転倒。周りを見渡すと幾つものキッカーやウェーブが目立つ。やる気はなかったが、皆、楽しそうに利用している。

たんばらスキーパーク

コブだらけのコースもあったり、長距離ウェーブがあるコースなど、バリエーションは豊かなゲレンデだった。慣れてきたところで、ちょっとウェーブも滑ってみたり少しジャンプしてみたり遊んでみた。数回に一回はバランス崩して、やっぱり転んだけど。この日に学んだ事は、うまくなったつもりのターンがまだまだ後傾で後ろ足で板をコントロールしていた事。スピードに乗って安定すると前足でハンドリング出来るようになるんだけどね。この日に借りたボードをしばらく借りれる事になったので、この板で前傾をもっと意識出来るようにしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)