ディズニーランド・デビューその1

あと数ヶ月で3歳になる我が息子。ディズニー系のアニメをよく見るようになったためか、それとも誰かに誘導されたのかわからないが、ディズニーランドへ行きたいらしい。言葉も相当達者になり、それくらいのリクエストは出来るようになっている。よい機会でもあるし、諸々の事情でしばらくは外出しづらくなるので、早速計画を始める事にした。少なくとも春休みにバッティングするので、平日を含めて二泊三日でのんびり行く事に。直前過ぎてディズニーホテルはまるで取れなかったので、シェラトン東京ベイホテルを宿泊先にした。

当日は5時起床で6時半出発。まだガラ空きの首都高を快適に飛ばして、辰巳ジャンクションより湾岸線へ。あっという間に辿り着いた葛西ICで高速を降りる。30km強の行程を一時間もかからずにホテルまで到着。5時起きだったので車中寝るかと思っていた息子だが、いつもと違う雰囲気を感じ取ったか興奮気味。チェック・インはまだ無理なので、荷物を預けて3dayパスポートを購入。ホテルから出ているミッキーのバスで最寄のベイサイド・ステーションへ(数分だけど・・・)。流れるミッキーの声にニコニコする息子。

そこからミッキーのモノレールに乗って東京ディズニーランド駅で下車。開場前には来れたものの、三連休の最終日だったせいか入場口には山ほどの人だかり。30分くらいで中に入ると、すぐにミッキーやらドナルドが登場。ミッキーには既に長蛇の列、ドナルドも大勢の取り巻きの中で写真を撮るのはかなりの難易度だった。入場後に早速、クリスタルパレス・レストランへ向かう。ここでは朝食中にプーさんやらティガーやらがテーブルを回ってくれる。うちの子も食事どころではないほどの喜びよう。ミッキーがプリントされたホットケーキは食べようとすると『ダメー!』と怒られた・・・。

プーさん

その後、モンスターズ・インクのライド&ゴーシーク!のファストパスを取りに行くが、この日を最後にメンテナンスに入ってしまうらしく既に売り切れ。トゥーン・タウンやファンタジーランドを回るが、メリーゴーランドやコーヒーカップですら60分以上の待ち時間。何とか30分待ちのイッツ・ア・スモールワールドに乗る。これが初めてのアトラクション体験となったが、おもちゃみたいな人形たちが踊りながら奏でる音楽に大満足の様子。まだまだ混雑に圧倒されるばかりだが、その楽しさに徐々にテンションも上がってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)