外付けGPUボックス Razer Core X Chroma‎ レビュー

前回、数年振りにGPUノートを購入。メインPCをノートにしたりデスクトップにしたり、コロコロ変更してるんだけど、またもノートをメインにしようとする試み。結局、ゲーミングPCがメインPC化する傾向が強いんだよね、自分の場合。とはいえ、購入したHP Spectre x360 15のGPUはそれほど強力なものではない。しかし、いまどきはThunderbolt3ケーブル経由で外付けのGPUを利用することが可能。もちろんSpectreにも搭載されている。まずは試してみて、その使用感を味わってみたい。

単純にGPUの性能を限界まで使い切りたいなら、デスクトップで使用するのが間違いないだろう。しかし、自分のように仕事は書斎でゲームはリビングで、と生活拠点がばらける場合、デスクトップだとどうしても思い通りにならない。それぞれにデスクトップを2台置くという考え方もあるが、何だかんだでどちらかに利用が偏っていったりする。そこで考えたのが、GPUのいらない仕事をノートPCでこなし、ゲームをやるときはリビングにある外付けGPUボックスに接続するという方法。

外付けGPUボックスも幾つか製品があるが、SurfaceにおけるSurfaceドックのようにThunderbolt3ケーブルを繋ぐだけでデスクトップ化して欲しいので、GPUだけでなく、USBやLAN、HDMIなども接続できるものにしたい。有線接続は一本にしたいので、ついでに給電も出来て欲しい。また、自宅にあるGPUはPalitのGeforce GTX1070で3スロット幅。かなり大きいGPUでも格納できるものが望ましい。調べてみると、実はGPUは非対応みたいな外付けボックスもあったので注意。価格も考慮すると、Razer Core X Chroma一択だった。

ネットで安く買える日に購入。納期未定だったが数週間くらいで届く。ちなみに付属のThunerbolt3ケーブルは短いので、取り回しの良さそうな2mのケーブルを購入。高え。早速組み立てて、Thunderbolt3ケーブルで接続するが全然認識しない。途方に暮れて分解し直すと、GPUがスロットに正しく挿入されていなかった。。。マザーボードに何度もGPUを刺してきた人はよもや刺し間違えるなんてこと、と思われるかもしれないが、いつものマザーボードとは若干勝手が違うせいか刺し誤ってしまった。正確に刺し直すと今度こそ認識してくれた。

スリープ中にケーブルを抜いたりするとややこしいことになることもあるが、繋ぎっぱなしであればGPUを認識したまますぐにゲームを開始できる。GPUボックスのHDMI経由でBRAVIAに繋いでいるので、大きな液晶でAVアンプの音でゲームができる幸せ。一度味わうともう書斎でゲームやろうとは思わないw おもったよりも全然安定するし、性能も充分だし、外付けGPUボックスの利用は全然ありと考えてよさそう。ただし、Windows updateで未反映の更新が行われてたりすると挙動が怪しくなることもある。

ただ、ノートとテレビの2画面運用だと、GPUと直接繋がっているテレビでしかGPUを使えないアプリもある。例えばNoxとか。この場合は、画面をノートPCだけに絞れば外付けのGPUを使用することが出来た。Spectreの場合はCPU内蔵のIntel GPUとRadeon RX Vega MもあるからGPUの使い分け複雑化する。ここが良くも悪くもノート運用での悩ましいところだ。それでも普段使いのノートをケーブル一本でゲーミングPC化できる手軽さは素晴らしい。Steamゲームにはまる日々が復活したw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)