軽井沢旅行 後編 2017年8月

旅行2日目。早朝に裏手のグラウンドで朝練。広々しているのでついついやり過ぎちゃう。日差しもすごくて、子供たちはすっかり汗だく。急いで朝食に行ったが、ちょうど混み始めてしまってしばらく待たされる。ゴルフ目的の団体が多いのかも。食後、すぐにおもちゃ王国へ出発。去年に続いて2度目だし、特に迷うこともなく到着。途中のサービスエリアみたいなところでのんびりしてみたいけど当分は無理かな。去年同様に遠めの駐車場から元気に歩く子供たち。チケット買って中へ入ると、まずは右手のポニーやうさぎたちを鑑賞。

もう少し進むとアスレチックが見えてきて、まだ空いていたのですぐに入る。どうやら一部リニューアルしたみたい。去年よりも末娘の運動量が増えているので、兄弟は自由にさせて末娘に付き合う。ジップロープはハイジブランコなどに大喜び。1回30分のみの利用なんだけど時間はあっという間。また、すぐに入りたがるが、いろいろあるから後でと説得。次は去年に時間の都合でやれなかった釣りに挑戦。3本の釣りを借りる。6匹までは料金内で釣れるが、それ以降は有料。生き物大好きな次男が大して教えてもいないうちから釣り出す。しばらくすると嫁が手伝っていた末娘も釣れる。

自力に任せていた長男がなかなか釣れず苦戦。手伝ってあげようにも、食い込んだ針を取る係になってしまって手が空かない。練り餌の付け方を覚えると長男も釣り出す。3人とも面白いように釣れ出して、あっという間に6匹を超える。釣竿は1時間借りれるんだけど、この時点でまだ30分ほど。やばい、こいつらどれだけ釣るつもりなんだ。もう川に入って魚たちに逃げて〜〜〜と叫びたい気分だった。最終的に10匹になったところで、時間は残っていたけど終了。お腹も空いていたので、釣り上げた10匹のマスを串焼きにしてもらって5人で食べました。

その後、アトラクションのある遊園地スペースへ向かう。ドラゴンコースターやコーヒカップなどに乗るも長男は若干物足りなそう。乗り物よりもおもちゃに惹かれて、アクションゲームコーナーで次男と野球ゲームやったりサッカーゲームやったり。ここでも手が空いたので、末娘とキッズトレインやリンドバーグに乗る。観覧車は怖いみたいで回避。去年スマホを落とした空中自転車も慎重に楽しみました。まだ閉園まで時間があったので末娘は未練たらたらだったけど、アイスで説得して次の目的地へ向かうために出発。

軽井沢への帰り道を少し寄り道して白糸の滝へ向かう。前日の千ヶ滝で歩き疲れた末娘が気色ばむが、今回はそれほど歩かないからと説得。駐車場から滝までそれほど歩かないんだけど、末娘は抱っこ抱っこと泣き始める。もうおもちゃ王国の時点でへとへとだったんだよね。3日間旅行で負担が一番大きいのは末娘だということを忘れないようにしないと。千ヶ滝は縦に立派だったんだけど、白糸の滝は横方向にすごい。うーん、癒されますな。のんびり癒されていると、末娘が泣き出すので退散。

ハルニレテラスに車が停められたので、去年も行った希須林で夕食。わりといい値段の中華なんだけど、東京のそれに比べるとボリュームが結構ある。何となく東京感覚で注文し過ぎると、後悔するくらいの量が出てくるので注意。去年もそういうこと言ってたような気がするんだけど、今年も結局頼み過ぎて腹いっぱい。食後にお風呂も済ましてしまう。とんぼの湯と迷ったけど、初日と同じ千ヶ滝温泉へ。宿題にもある星の観察を期待したんだけど、この日も天候悪く星は見えず。去年も全然見えなかったんだよな。ホテルに戻ると皆すぐに就寝。こっそりDQ11を進めたw

3日目は混まないうちに朝食を済ませて、それから朝練。疲れもあるからそこそこにしておく。帰り支度とチェックアウトを済ませて車でイーストへ。またも去年同様にリフトで山頂へ。何となく末娘が微妙にぐずぐずだけど、だましだまし遊ばせる。途中、バギーで登ってくる親子がいてあれにすればよかったねと。来年はバギーで登頂するか。下山後、今度は雲場池へ。ロータリーみたいなところをどこに入ればよいか迷うが到着。トイレに行きたがる長男を連れて現地へ先行。穏やかな静けさが気持ちよい。

全員そろったところで池の周りを散歩。末娘も物珍しいのか頑張って歩いている。カモがお尻だけになって、魚を探している姿がおもしろかったようだ。半周したところで、R’S PONDというカフェを見つける。一見休業のように見えるんだけど、屋外で食事するような作り。静かな風の中でゆっくりとサンドイッチとパンケーキで昼食。のんびりと旅行の余韻に浸っていると、エネルギーを持て余し始めた兄弟が暴れ出す。気持ちよく雰囲気を楽しむことは不可能なのかな。残り半周も楽しく回った後に雲場池を後にした。

旅行の最後を締めくくるのはプリンスショッピングプラザ。まずはスポーツウェアを探しにNIKEとアディダスへ。うーん、いまいち。広大なエリアを探す苦労に比べて、ここはよいものが見つかりにくい印象。それを思い出しつつも愛するアルマーニへ向かう。ところが、ここが大当たり。やまほど買い込みそうなのを必死に耐えて、バッグとシューズだけにしておく。もうこれだけで大満足だったので、フードコートで子供たちと休憩。嫁の買い物が終わると信州そばのやまへいで夕食。最後に千ヶ滝温泉で疲れを取ってから帰路。行きに寄り忘れた横川SAで軽食をとったあと一路東京へ。今回も無事帰宅できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)