NBA ドラフト & サマーリーグ 2019-2020

ファイナルの興奮も冷めやらぬうちに始まった、来シーズンに向けたドラフト。今までNBAのドラフトまで気にしたことはなかった。NCAAのプレーヤーまでは把握していなかったし。ところが、今年は八村のエントリーが報道されていたので、それこそファイナル以上に楽しみ。シーズン中に楽天TVでNCAAトーナメントも放送してくれていたので、それなりに学生たちも覚えていて、もちろんザイオンがいることも知っている。各社が報道する予測順位を食い入るように読んでいましたw

待ちに待ったドラフトが始まると、1位はさすがの予想通りでザイオン。親に感謝して涙するシーンを見ると、いかつい見てくれとは裏腹にまだまだ若い青年なんだなと思い起こされ、もらい泣きw スーパースターということは置いておいて、みんな親に感謝できるような健全な青年に育ってほしいものだね。その後も聞き覚えのある選手が予想通りの順でドラフトされていく。最も期待値が高い時期に八村のドラフト順は5位とも言われていたが、残念ながらそこまでの高い順位とはならずに進んでいく。

うーん、やっぱり二桁以降になるのかなあと思い始めた頃に、その時は来る!ウィザーズによる全体9位指名という形で八村が呼ばれる。前代未聞、前人未到、日本バスケのとてつもない快挙!もう本当自分のことのように嬉しいとはこのこと。八村の対応も堂々としていて、見ていて清々しかった。ウィザーズはエースのジョン・ウォールが負傷してチームは低迷している時期だが、その逆境をチャンスと考えて是非とも活躍してほしい。来シーズンはウィザーズの試合も放送してくれるのかなあ。

ドラフトが終わると今度はサマーリーグが始まる。ザイオンや八村、それにグリズリーズの渡邊雄太の参戦も報道されていたので、こちらも非常に楽しみ。彼らだけではなく、Bリーグ所属の馬場や比江島も参加するとのことで、日本人選手が何と4人に。八村に負けられない中学時代の先輩馬場はマブスから参加。スタメンとは行かないまでもなかなかのプレイタイムでスチールや得点を演出。その運動能力を充分にアピール出来たものの、他の選手ほどのインパクトがなかったのか、徐々にプレイタイムは減ってしまう。

そして、ザイオン率いるペリカンズ。わずか10分程度のプレイタイムだったものザイオンの存在感は尋常ではなかった。ジョーダン、コービー、レブロンと続いてきた、NBAの顔役を担う可能性を感じさせるに充分なプレーヤーなんだなと改めて思う。そして同じペリカンズから参戦している比江島の姿も。いつもと異なるポジションでの起用のせいか、代表戦で見るような活躍は見られない。最後までリズムを掴めない印象のまま、プレイタイムを失ってしまう。比江島ほどの選手でも大変なレベルなんですね。

2年目の渡邊はプレイタイムもしっかりもらうだけでなく、チームの中心的な働きを担い、攻守に渡って活躍。シーズン中ももっと活躍のチャンスをもらえればいいのに。残念ながら怪我のせいで、途中からプレイタイムはなくなってしまった。その代わりにグリズリーズを率いたのが、後からトレードで獲得されたブランドン・クラーク。言うまでもなくゴンザガ時代の八村の相方である。NCAAのトーナメントでも、やもすると八村より活躍しているようにも見えたプレーヤーで、その運動能力はサマーリーグレベルだと、やはり群を抜いている。もうNBAで通じるレベルまで完成していると言ってもいいような。

その渡邊から引き継いだクラークの活躍により、グリズリーズは順調にサマーリーグを勝ち進む。ザイオンも怪我で不参加となった今、勢いに乗るグリズリーズを止められるチームはいない。ファイナルで当たったウルブズも接戦の末に蹴散らして見事に優勝。そして途中からチームを牽引したクラークがMVP。やっぱりクラークすごいなあ。NCAAでももう少し勝ち進んで欲しかったなw ともあれ、八村・クラーク・ザイオンの活躍が期待される2019-2020シーズンは今までにないくらい楽しみだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)