Win10 GTX1070/1070ti/1080 SLI 検証

それに気が付いたのはいつだったか。。。あれだけ手間かけて動かしてみたバイオハザード4がいつの間にやら普通にWin10で動くようになっていた。それ以外にもドライバ更新したら、SFVが突然もっさりし始めたりとか。ゲーム環境をPCに移行したせいで、なかなか安定しない苛立ちがある。まあ、自分の場合はトラブルも楽しんでるからいいけど、一般ゲーマーの人だとPS4の方が遥かによいのかもしれない。ちなみにSFVはドライバのバグでリフレッシュレートが30Hzに変更されていたのが原因でした。ビデオカード変えたり、SLIやめたり、絞り込みに時間取られたよ。。。


ProjectM PM-MINING-F(ver2) マイニング用フレーム  グラボ最大8台対応
価格 : 16,979円(税込、送料無料)
by Yahoo! ショッピング

そんなPCゲーム環境も何だかんだで慣れてきたので、一旦OSも含めて再構築。この機に以前から画策していたゲーミングPCのリグフレーム化も実施。製品にもよるんだけど、マイニング用のリグフレームってオープンエアで手が出しやすいし、電源からマザーボード、PCIeスロットまで何かといじりやすい。年柄年中いじってる自分には、マイニングやるやらない関係なく、リグフレームが一番合ってる気がする。しかもスタックまで出来るから、デスク脇に2台PC置いたりとか出来るんだよね。結局6台くらい組んじゃったよ。


Palit NE51070S15P2-1041J (GeForce GTX1070 8GB Super JetStream)
価格 : 46,980円(税込、送料無料)
by パソコン(PC)通販のドスパラ

そしてリグフレーム化されたとことで、億劫だったGeforceのSLIもベンチマークしてみました。Core i7-6700K RAM16GB SSD1TB(NVMe)のWindows10環境にPalit Super Jetstream GTX1070/1070ti/1080を接続。マイニングの遺品たちですねw ベンチマークソフトはFF14でフルスクリーン4kの最高品質で試験。単体性能はそれぞれ5415/5890/6837という結果。1080は1070に対して値段相当くらいのアドバンテージを持ってそうだけど、1070tiはどうなんだろ。FF14においてはあまり効率的ではないのかも。

続いてSLIも試してみる。AsrockのSLI HB Bridgeを使用。ビデオカードの変更ごとになかなかWindowsが表示されなくて焦るんだけど、リモートデスクトップで入れるようにしておくと他のPCから状況確認できて安心できるかも。画面真っ暗だと何してるかさっぱりわからないしね。SLIのベンチマーク結果はそれぞれ9961/10409/10963と、こちらも1070が最もコストパフォーマンスに優れる。単体性能からの伸び率でいうと183%/176%/160%ということになる。200%が理想だとすると、SLIにおけるロスが最も小さいのは1070ということになる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ProjectM マイニング用フレーム PM-MINING-F(ver2) [VGA 8台×1段 8台用]
価格:16800円(税込、送料無料) (2018/11/28時点)

楽天で購入

最後にライザーを使った場合にどうなるかも調べてみた。ゲーミングPCもリグフレーム化したので、直挿しではなくライザーケーブルでPCIeフレームのところに乗せたいから。16xライザーだとほぼロスはなし。ただ構造にもよるだろうけど、ライザーケーブルとフレームが干渉してしまうため、組み方に注意が必要そう。1xライザーだと1080は6210(直挿しに対してloss10%)まで落ちるが、1070は5036(同7%)で済む。調子に乗って1070でSLIもやってみたところ、9079(同9%)という結果。自分がやろうと思ってるゲームなら、これで充分なのでしばらくこの構成で遊ぼう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)